Welcome to my blog

Diary

神無月

7 0
clip2.gif
きょうから神無月
島根県の出雲大社に神様があつまり一年の事を相談するので
出雲以外には神様が居なくなる月の意味と言われており、出雲では神在月という。
今月神前結婚をするカップルはどうなるんですか?
何で神さんだけがこういう行事があって仏さんにはないのかなぁ。
こういう話は難しいのでやめ。

私がいま住んでる土地柄の話です。
ご近所で ご不幸があり 明日一日葬儀のお手伝いにでます。
ここいらは隣り近所で葬儀を仕切るしきたりなのです。
そのお手伝いの人達を ”どにん衆”と呼びます。
地方ではいろんな呼び方があろうかとおもいますね。
いまでは田舎とはいえセレモニー会館を利用しますから従業員さんが殆どやってくれます。
私達はお金の管理とお茶出しくらいですかね。
それでも一日居なくてはいけません。
私も仕事上月末・月初のきょうだったらお手伝いは無理でしたが
明日ということなので一日出ます。
なんてったって こういうお付き合いは田舎では大切にしておかないといけません。
我が家には亡くなられた方よりもずーと高齢なばばさんがいるんですもの・・・。


7 Comments

There are no comments yet.
ぉ一日ということで

P  

2008-10-01 20:10

ご挨拶です!うちにも大婆がおりますので 5年間で ほぼお手伝いはしっかりさせていただきました^^こういう時には やはり 超ド田舎は(わたしんち!)いいかな?とも思いますがね~^v-77

EDIT  REPLY    

あすか  

2008-10-01 21:30

こんばんは・・・・・
ビキッ・・・のあすかです。
ボキッ・・・じゃなくて本当に良かった?・・・のかどうか、 結果は一緒でしたが・・・・

お隣同士のお付き合いも希薄になりましたね。
此処はお葬式のお手伝いはほとんどありません。余程お親しいお付き合いのご近所さんですとお手伝いに行きますが・・・それも最近は皆無ですね。
セレモニーホールでされるので、お手伝いはお身内だけみたいです。
ここに居を構えで40年になりますが、ご近所さんと仲良くしているのは向こう3軒両隣位ですね。

EDIT  REPLY    

-  

2008-10-02 08:37

v-77Pさん
退屈してませんか?
浮きさんの相手とご主人とでは どうですか?

きょうの葬儀のお手伝いもご近所付き合いということで
普段はそう親しくはないのです。
庭師はそのてん 社交家なので周りから頼りに(重宝ともいいます)されているようです。
私は黙って静かにお手伝いしてきますi-228

EDIT  REPLY    
ビキッ・・・のあすかです

-  

2008-10-02 08:45

e-241あすかさんほんとにボキッでなくて良かったわよね。
けっこう そういう人いますよね (笑) 
「ハハハハ 私ここ折れてたんだって!でも知らないうちに治っちゃってさ~」なんて。

あすかさんはお街だからよね。
こういうシキタリモ良し悪しが時と場合があります。
怠け者の私は なるべく遠慮したいクチです。(*^_^*)

EDIT  REPLY    

ナツ  

2008-10-02 14:11

v-22お疲れ様でした。今日は一日大変でしたね。
あすかさん宅と同様こちらもお付き合いが余りありません。ご挨拶程度です。
つながりがないというのもさみしいものです。
先日も三軒ほど離れた家族が引っ越されたのを一か月も気がつきませんでした。
このような状態ですから、孤独死なんてこともあるわけです。

EDIT  REPLY    

-  

2008-10-03 09:58

v-22ナツさん
>お疲れ様でした。今日は一日大変でした。
>>ありがとうございます。
ナツさんもお街なので そうでしょうね。
いずれはこういうお付き合いはなくなるんじゃないかしらね 田舎でも。。。

亡くなった方には失礼なのですが
隣り近所の出番というこういう機会があると
それぞれのお家の様子なども聞けますし
またご近所とのお付き合いが確認できるので、
そういうことでは良いかもしれませんね。
葬儀の後はかならず飲み会になり旅行の話にまでひろがります。

我が家の町内の付き合い、行事等は庭師が一手に引き受けてくれてますので
今のところ私の出番はありませんから楽してます。





EDIT  REPLY    

あっぴぃ  

2008-10-12 21:36

お久しぶりです。
一日葬儀のお手伝いされたんですね。
σ(^_^)が前に住んでた静岡でもご近所で手伝いをしてたようです。
日頃ほとんどお付き合いのない間柄でも、ご近所でお手伝いするんだな~って思いました。
σ(^_^)んちは社宅で一括りにされてたぶんお手伝いの要請みたいなのはありませんでした。
土地によって習慣ってさまざまなんですね~

EDIT  REPLY    

Leave a reply